遺産相続は弁護士がいれば問題解決は迅速|スピーディカウンセリング

男性

税の申告期間がある

弁護士

京都は昔ながらの生活を守っている人も多く、一つの家庭で歴史的に重要な遺産が代々受け継がれているということもあります。相続で資産と認められれば、必ず相続税がかかってきますが、京都では重要な財産を所有している人も多く、毎年この相続税で困る人も出てきてしまっています。相続税とは亡くなった人の資産を相続するときにかかってくる税金ということになります。お金に対してかかることはもちろん、土地や住宅、絵画などの高額な財産にもかかってきます。もちろん、非課税の相続財産というものもあります。墓地や墓石、香典に関しては相続税はかかりません。相続税が払えないとなったばあい、国や地方自治体に財産を寄付することになり、寄付された財産には相続税はかからない特徴があります。京都にはこういった寄付された財産が多くあります。

税金は申告をしなければ申告漏れとなってしまいます。申告漏れをしてしまうと後から加算税や滞納税として徴収が行われるので、払えるものはすぐに払ってしまった方が楽だといえます。しかも相続税の申告は10ヶ月以内に行うという規定があります。遺産分割の期間は考慮に入れず、被相続人が亡くなった時から換算されることになるので注意しましょう。その為、京都の法律関係の事務所で相続の問題は早めに行うことになるのです。被相続人が存命の時に京都の事務所を訪れることはよくあることです。また、相続の開始三年以内に相続が行われたものは相続税の対象となりますのでこれも注意して相談しましょう。